季節の行事

【ペルセウス座流星群2021】茨城県の方角とピーク時間はいつまで?期間中の天気とおすすめの場所も!

ペルセウス座流星群2021茨城県

Sponsored Link

毎年8月にピークを迎える「ペルセウス座流星群」は、夏休み期間中で気候も良いことから観測しやすいことで有名。

三大流星群とよばれるものの中でも、特に人気の流星群です。

 

野外で観察するのにちょうどよいので、家族や友達、カップルでたくさんの流れ星を楽しみたいところ。

 

茨城県から2021年のペルセウス座流星群を観察するのに最適な条件をチェックしておきたいですね。

この記事では、2021年ペルセウス座流星群の

 

・ピーク時間

・よく見える方角

・観察できる期間はいつまで

・茨城県の期間中のお天気

・茨城県でおすすめの観察スポット

 

などをご紹介しています。

【ペルセウス座流星群2021】8年ぶりの好条件で観測できるチャンス!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshitugu Seki(@kokopelli_cafe)がシェアした投稿

 

普段あまり目にすることのできない流れ星。

たまたま見かけたときはすごく感動して、願い事をするのも忘れてしまうくらいですよね。

 

そんな流れ星が一度にたくさん観察できるのが流星群です。

 

毎年8月は流星群の中でも特に多くの流れ星を見ることができる「ペルセウス座流星群」が現れます。

 

流星群とは?

毎年ほぼ同じ時期に、夜空の一点(放射点)を中心にして放射状に現れる流れ星の大群のこと。

 

8月の流星群は、放射点がペルセウス座にあるので「ペルセウス座流星群」と呼ばれるんですね。

 

一年間でみることのできるいくつかの流星群のなかでも、ペルセウス座流星群の流れ星は毎年1、2を争うほどの数が観測できます。

 

条件によっては1時間に60個以上もの流れ星をめにすることができるんだとか。

 

しかも、2021年はかなりの好条件がそろっています。

 

流れ星をたくさん見るためには、星の光をじゃましないような暗い空が適しています。

 

2021年のペルセウス座流星群がピークを迎える時期は、月齢が若いため月明かりも弱く、21時過ぎには沈んでしまうので、夜空には星の光しか残されていません。

 

また、8月は夜でも暖かいため、野外で星空を観察するにはもってこいの気候です。

 

2021年のような好条件は数年に一度しかないので、見逃してはもったいないですよね!

 

【ペルセウス座流星群2021】茨城県でよく見える方角とピーク時間はいつ?

流星群には、活動が最大となるピーク時間(極大)と言われる時間帯があります。

 

ピーク時間には流星群の活動が一番活発になり、よりたくさんの流れ星が観察できるというわけですね。

 

茨城県で2021年のペルセウス座流星群がピーク時間を迎えるのは8月13日(金)の午前4時ごろとなっています。

 

ピーク時間を挟んで前後数時間が一番流れ星を見つけやすいとされているので、観察するなら

 

8月12日(木)深夜から8月13日(金)明け方にかけて

 

の時間帯が一番おすすめ!

 

ちょうどお盆休みがかさなるので、夜更かししても大丈夫ですね!

夏と言えど深夜は肌寒い地域もあるので、風邪をひかないように気を付けて下さいね。

 

 

では、流星群がよく見える方角もチェックしておきましょう!

 

2021年のペルセウス座流星群を茨城県で観察するのに適している方角は

星空全体です!

 

ペルセウス座流星群は、ペルセウス座を中心にして、360度まんべんなく流れ星が現れます

 

東西南北のどこにでも現れるので、広範囲の空を見渡せるような広い場所で観察するといいですね。

 

また、座ったり立ったままで観察すると、背後の流れ星を見逃してしまいます。

できるなら、レジャーシートなどのうえで寝転んで夜空を見渡すのがおすすめですよ。

 

また、目が暗さになれていないうちは流れ星を見つけにくいので、最低でも20分ほどはのんびりと夜空を眺め、暗さに慣れておきましょう!

 

【ペルセウス座流星群2021】茨城県のピーク時間はいつまで?期間中の天気もチェック!

流星群がニュースなどで取り上げられるのはピークの直前が多いですが、観察できるのはピークの時だけではありません。

 

8月12日、13日を見逃してしまっても大丈夫!

 

通常、流星群は1か月ほどかけて徐々に活発になっていきます。

 

ペルセウス流星群は、7月下旬から徐々に活動的になり、8月13日午前4時をピークにして緩やかに衰退していきます。

 

そのため、ピーク時間以外も流れ星をめにすることができ、特に8月13日を中心とした数日間はかなりの頻度で見つけることができます。

 

期間中は意識的に夜空を見上げてみてくださいね。

 

 

とはいえ、星空をみたくてもお天気が悪ければ流れ星もかくれてしまいます。

 

ペルセウス座流星群が見頃を迎える時期、茨城県の天気はどんな感じなのかもチェックしておきたいですね。

 

ピーク時間が訪れる8月13日をはさんだ前後数日の茨城県の天気はこのようになっています。

 

8月10日(火) 晴れ
8月11日(水) 晴れのち曇り
8月12日(木) 曇りのち雨
8月13日(金) 雨時々曇り
8月14日(土) 雨のち曇り
8月15日(日) 曇りのち晴れ
8月16日(月) 雨のち曇り

 

8月10日はスッキリと晴れる天気のよう。

11日も降水確率は30%で、晴れ間が見えそうです。

 

しかし12日以降は雨や曇りがおおく、15日頃までどんよりとした天気が続くようです。

 

観察に出かけるなら8月10、11日がベストのようですね。

せっかくの流星群なのに、晴れの日が少ないのが残念ですね。

天気予報が外れることを祈ります!

 

各地域の詳しい天気は、天気予報のサイトを確認してくださいね。

日本気象協会:茨城県の天気

 

【ペルセウス座流星群2021】茨城県で星がよく見えるおすすめの場所をご紹介

8年ぶりの好条件と言われる2021年のペルセウス座流星群。

せっかくなら最高のロケーションで観察したいですよね。

 

関東平野が広がる茨城県は可住地面積も上位で人口の多い都道府県の中の一つ。

しかし豊かな自然はたくさん残されており、星空を観察するのにも適しています。

 

とくにフォトジェニックな場所も多いので、この機会にぜひ流星群を写真に収めてみては。

 

おすすめの場所をご紹介します。

 

プラトーさとみ(上陸太田市)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tara(@__t.tatata__)がシェアした投稿

【プラトーさとみの星空】

 

関東随一の星空の名所として人気のプラトーさとみは、写真好きがこぞって集まる人気のスポット。

 

高台に位置しているので街灯がとても遠く、夜になると真っ暗になり、星の瞬きが引き立ちます。

 

特に夏は天の川もくっきりと見え、とってもロマンチック。

 

アクセス

高萩ICから車で約40分

日立南太田ICから車で約1時間20分

那珂ICから車で約1時間30分

 

 

水木海水浴場(日立市)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kei(@kei__photo)がシェアした投稿

【水木海水浴場の星空】

 

日立市南部にある水木海水浴場は、天然の磯に囲まれた穏やかな海が家族ずれに人気。

 

砂浜の色は淡いベージュで、真っ青な海とのコントラストがとてもきれいなビーチです。

 

夜になると頭上に散らばる沢山の星をカメラに収めようとする天体ファンも訪れます。

 

波の音を聴きながら浜辺で流れ星を探してみてくださいね。

 

アクセス

電車:JR常磐線大みか駅から徒歩15分

車:常磐自動車道日立南太田ICから約15分

 

 

つくばねオートキャンプ場

 

この投稿をInstagramで見る

 

A.3216(@a_base_3216works)がシェアした投稿

【つくばねオートキャンプ場の星空】

 

丹波山の近くにあるつくばねオートキャンプ場は、一年を通してキャンプファンに大人気の場所。

夜になると満天の星空を広範囲で楽しめることでも有名です。

 

キャンプファイヤーを囲んで流星群を観察する人もたくさんいそうですね。

 

アクセス

土浦北ICより新治、つくば方面出口、フラワーパーク経由 30分

千代田石岡ICより石岡方面出口、フラワーパーク経由 30分

石岡小美玉スマートICより、柿岡方面、30分

 

 

【ペルセウス座流星群2021】茨城県のまとめ

2021年のペルセウス座流星群を茨城県で観察するのに適したポイントをまとめると。。。

 

  • 最適な時間は8月12日(木)深夜~13日(金)明け方
  • ピーク時間以外でも流れ星を観察できるチャンスはある
  • よく見える方角は星空全体
  • 10、11日は晴れるが、それ以降は曇りや雨が続く

 

8年ぶりの好条件で、例年よりたくさんの流れ星が見つかりそうな2021年。

ぜひ楽しんでくださいね。

 

 

-季節の行事

Copyright© ぷけっこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.