話題

栗原啓吾の高校や中学は?出身校での駅伝成績やタイムから出場大会のエピソードなども調査!

栗原啓吾の出身中学・高校

Sponsored Link

10月23日に行われた第98回箱根駅伝予選大会で日本人トップでゴールした中央学大の栗原啓吾選手が話題ですね。

 

中央学大のエースとして活躍している栗原啓吾選手はルーキーイヤーから三大駅伝にすべて出場するなど、チームの主力として数々の成績を残してきました。

 

大学4年生の最後の年に箱根駅伝予選会で好成績を収め、本番に向けて期待が高まるトップ選手の一人ですね。

 

大学で活躍している選手は、話題になるぶん出身高校や中学がどこなのか、当時の活躍や記録などに注目が集まります。

 

栗原啓吾選手の出身高校や中学はどこなのか、中高時代の成績やタイム、大会の記録などを調査してまとめました。

栗原啓吾(中央学大)が箱根駅伝予選会で日本人トップに!出身中学や高校も注目される!

2021年10月23日、東京陸上自衛隊立川駐屯地で行われた、第98回箱根駅伝予選会で日本人トップでゴールした中央学大の栗原啓吾選手が話題ですね。

 

ハーフマラソン(21.0975㎞)での勝負となった今回の箱根駅伝予選会ですが、ややスローな展開で進んだレースは留学生の集団が先頭をけん引し、そのあとに日本人のトップ集団がくっつくというレース展開でしたね。

 

日本学大の川崎雄二監督からはレースのラスト1㎞でペースを上げていけと言われたそうですが、自分より後ろの集団が苦戦しているという情報を聞いた栗原啓吾選手。

ラスト1㎞を待たず早めに集団から抜け出し、一秒でも早くゴールできるように意識して走ったそう。

 

ゴール直前の1㎞では力を出しすぎたのかふらふらとする場面もあり、見ている方も心配になりましたが、後ろから追い上げてきた明大の加藤大誠選手を力の限りふりきってゴール。

 

その差はわずか1秒で、まさに死闘を繰り広げた選手二人の姿に視聴者や応援していた人々も感動の嵐でした!

 

ゴールした後は立ち上がることができず、車いすで運ばれていく姿は、陸上にかける情熱が伝わってくるようで涙を誘いましたよね。

 

この大会で栗原啓吾選手を脳裏に焼き付けた人がどれだけいたことか、これから開催される箱根駅伝で大注目の選手の一人となりました。

 

栗原啓吾選手のように、大学駅伝で活躍する選手は中学や高校時代から長距離陸上で活躍していた人が多いですね。

大学での活躍の裏にどんな下積み時代があったのか、出身中学や高校での活躍も気になります。

 

栗原啓吾選手も例にもれず卒業した出身中学や高校がどこなのかに注目が集まっているようです。

 

栗原啓吾の高校や中学は?出身校から陸上や駅伝を始めた年齢&きっかけなどのエピソードも調査!

 

中央学院大の栗原啓吾選手は現在大学4年生、チームのエース格として期待されている選手ですね。

ここで栗原啓吾選手のプロフィールをチェックしておくと…

 

生年月日:1999年7月1日

年齢:22歳

出身地:群馬県

 

 

栗原啓吾選手は1999年生まれなので、中央学院大に入学したのは2018年の4月ということですね。

 

出身地は群馬県で、通っていた中学校を調べたところ「伊勢崎市立第二中学校」ということが分かりました。

伊勢崎市立第二中学校は、群馬県伊勢崎市堀口町にある公立中学校です。

昭和22年に開校した歴史ある小学校で、2020年度の全校生徒の数は約470人で、群馬県内の中学校では生徒数が多い方に入るのではないでしょうか。

 

部活動の種類は野球、サッカー、バレー、体操、バスケ、卓球、テニスソフトボール、剣道、ダンスなどなどかなりの数があるようです。

 

もちろん陸上部もあり、栗原啓吾選手が陸上を始めたのは中学生の頃ということなので、すべてのスタート地点はこの伊勢崎第二中学校から始まったのでしょうね。

 

 

出身高校は「東京農大第二高等学校」だそう。

高校の学校名に「東京」とあるので東京都の学校かと思いきや、群馬県高崎市にある私立高校です。

駅伝や陸上ファンの間では有名な駅伝の名門校だそうですね。

2020年度の全国高校駅伝に群馬県の代表校として出場、全国13位の成績を収めているそう。

栗原啓吾選手は「全国の舞台を経験したい」という情熱から、駅伝の名門校を選んだと言います。

 

ちなみに東京農大第二高等学校の偏差値は48-67と幅が広いようですが、レベルは中~上といったところですね。

 

栗原啓吾の高校や中学での長距離陸上記録やタイムは?インターハイや全国高校駅伝での成績もチェック!

 

栗原啓吾選手の出身中学は伊勢崎市立第二中学校、出身高校は東京農大第二高等学校で、中学高校時代から陸上、長距離、駅伝を続けていたということが分かりました。

 

中央学大ではルーキーイヤーから三大駅伝フル出場など、チームの主力として活躍、2年生の箱根駅伝では1区の区間5位と、エースとしての期待に十分応える成績を残していますね。

昨年度は残念ながらチームが箱根駅伝の出場権を逃しており、大学4年生の今年度に学生陸上のすべてをささげるという覚悟のレースになりそうですね。

 

そんな栗原啓吾選手、出身中学や高校での成績や記録もチェックしておきたいところ。

中央学大のエースの少年時代はどのような記録を残してきたのでしょうか。

 

調べてみたところ、伊勢崎市立第二中学校の在学中の大会記録や成績などは見つけることができませんでした。

中学時代の3000mベストタイムは2年生の時に記録した9分6秒15だそうですが、群馬県内でも上位に入っていたわけではないそう。

 

駅伝選手として頭角を現してきたのは高校の時だったようですね。

高校時代の大きな大会での成績記録は以下の通り。

 

  • 全国高校駅伝2015年 (4区・19位)
  • 全国高校駅伝2016年 (4区・6位)
  • 全国高校駅伝2017年 (4区・25位)
  • インターハイ5000m出場(予選落ち)
  • 5000m高校ランキング18位2017年(14分5秒45)

 

高校時代印象に残っているレースは、インターハイを目指していた北関東大会で5000mで5位に入賞したことだそう。

逆に悔しかったことは、高校三年生の全国高校駅伝で思ったような走りができず、悔しい思いが今でも残っているとのこと。

 

日本学大では新入生の頃からエース級の活躍を見せてきた栗原啓吾選手ですが、中学高校と厳しい下積み時代があったからこそ、大学で花開いたという実績の持ち主なんですね。

 

栗原啓吾の高校や中学などの出身校より気になる話題!

栗原啓吾選手の高校や中学などの出身校より気になる話題を集めたので、ぜひ読んでみてくださいね。

-話題

Copyright© ぷけっこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.