話題

対馬悠介勤務先パン工場の会社名と場所はどこ?都内大手メーカー製造ラインの作業内容から考察!

対馬悠介容疑者勤務先のパン工場

Sponsored Link

2021年8月6日に起こった小田急線の無差別刺傷事件。

 

犯人は逮捕され、その人となりが徐々に明らかになっていますね。

 

実家や大学などから裕福な暮らしをしていた過去を持つ対馬悠介容疑者ですが、逮捕された当時の暮らしぶりはそうとう貧困していたそう。

ボロアパートに住み、生活保護を受けていたというから、人生何があるか分からないですよね。

 

犯行の前、最後に勤めていたのはパン工場の製造ラインとのこと。

報道によるとけっこう有名な会社だそう。

その作業内容の辛さにも触れられているのですが、かなりきつい仕事のようです。

 

対馬容疑者が勤めていたパン工場はどこなのでしょうね?

 

この記事では、対馬悠介容疑者の最後の勤め先のパン工場はどこなのか?

その酷い作業内容などにも焦点を当てて考察していきたいと思います。

対馬悠介の衝撃の事件の経緯をおさらい!最終勤務先は都内のパン工場と判明

 

2021年8月6日、小田急線の上り電車内でおこった無差別殺傷事件。

 

被害を受けた乗客のうち、重いけがをおった方もいたそう。

 

犯人は川崎市多摩区に住む対馬悠介容疑者(36)。

 

事件の内容を時系列でまとめてみると

 

・2021年8月6日、夜8時30分ごろ、小田急線上り電車内で男女10人を無差別に襲う

・その後車内にサラダ油をまいて火をつけようとするも失敗

・停車したタイミングで犯人は逃走

・数時間後に杉並区高井戸のコンビニにて、「自分がやった」と店員に話す

・捜査員に身柄を確保される

 

 

36歳の対馬容疑者は警察に逮捕された後容疑を認めていますが、その犯行動機が

 

大学時代にサークル活動で女性から見下され、出会い系サイトで知り合った女性ともうまくいかず、勝ち組の女性を殺したいと考えるようになった

 

という、どうしようもないものだったよう。

 

「勝ち組の女性」を狙い撃ちしようとしたようで、特に集中的に襲われたのは大学生の女性でした。

背中や胸などを切りつけられ、重傷なんだとか。

 

自分が「見下された」と感じている女性像に一番近い人をターゲットとしたのでしょうね。

 

 

被害者の方の恐怖は計り知れませんし、電車内に乗り合わせていた人も命の危険を感じて生きた気がしなかったでしょうね。

 

容疑者がつかまってから、事件の全貌や犯人の人格、経歴などが徐々に明らかになってきています。

 

実家は世田谷区にあり、進学先は中央大学理工学部と、順調な人生を歩いてきたそう。

 

大学ではテニスサークルに所属し、他の大学の女子からはイケメンと言われモテモテだったんだとか。

付き合っている彼女もいて、とても充実している、誰もがうらやむような存在だったと言います。

 

しかし大学を留年し、退学後に人生は一転したようで。

 

いろいろな職を転々とし、どれも長く続かなかったそう。

最終的にたどり着いたのがパン工場の製造ラインだったということらしい。

 

まさに転げ落ちるように人生が変わってしまった対馬容疑者ですが、その果てにたどり着いたパン工場って、どんな会社だったのでしょうね。

 

対馬悠介勤務先パン工場の会社名と場所はどこ?名前の知れた大手メーカーか

 

対馬容疑者が逮捕される前の最終勤務先はパン工場の製造ラインだったというニュース。

 

ニュースによると、勤務先は「あの『○○パン』」と書かれていました。

 

「あの『○○パン』」ということは、誰もが知るような有名なメーカーだと察しがつきますね。

 

さらに補足的な情報をご紹介すると

「パン工場の製造ラインです。しかも、あの『○○パン』。都内の大学に通った経験がある人ならば、“地獄のバイト先”として記憶にある仕事です」

 

「都内の大学に通ったことのある人なら記憶にある」というところから、都内の大学生が通えるような場所にあることも分かります。

 

ということは、工場は都内のどこかの可能性が高いですね。

 

都内に工場を構える有名なメーカーとなると、会社名も簡単にわかってしまいそう。

 

ぱっと思いつく有名なパン会社名をあげてみると

  • 山崎製パン
  • フジパン
  • パスコ(敷島製パン)
  • 第一パン

などがありますよね。

 

このなかで、都内でパン工場の製造ラインがある場所をいくつか調べてみました。

 

【山崎製パン】

・杉並工場:杉並区高井戸

・武蔵野工場:東京都東久留米市

【第一パン】

・小平工場:小平市

【パスコ】

・東京多摩工場:昭島市武蔵野

 

 

調べてみると、わずか5工場のみだったのですが、この中に対馬容疑者の勤務先があるのでしょうか?

 

 

ここでひとつ引っ掛かることが。

対馬容疑者が犯行後に訪れ、店員に自供したコンビニは杉並区高井戸でしたよね。

 

山崎製パンの杉並工場は杉並区高井戸に位置しています。

 

対馬容疑者の行動や生活範囲から考察すると、山崎製パン杉並工場の可能性が一番高い?

 

まあこれはあくまで考察ですし、報道では事実が書かれていないので真相は不明なんですけどね。

 

対馬悠介勤務先パン工場の製造ラインが地獄?作業内容をチェック

実際に対馬容疑者が勤務していた「あの『○○パン』」で働いたことのある人の評判も同じニュースの中にありました。

けっこうひどい作業内容らしく、それらをご紹介すると

 

「パン工場の製造ラインです。しかも、あの『○○パン』。都内の大学に通った経験がある人ならば、“地獄のバイト先”として記憶にある仕事です」

 

「僕らが学生の頃は下落合に『ガクト』(学徒援護会)という日払いバイトを紹介してくれる施設があった。カネがなくなると、朝10時にそこに駆けつけ、壁一面に貼ってあるバイト先を早い者順で奪い合ったものです。そこで、いつも最後まで残っていたのが『○○パン』でした。背に腹を変えられず、暗い気持ちで張り紙を取り、働きに出たのを思い返します」

 

「学生時代、貧乏学生が”最終手段”として働きに行く職場として有名でした。夜勤だと12時間勤務で日当が1万2、3000円くらいでしたかね。日払いでお金がもらえるし、引っ越しなどの重労働に比べれば一見楽なのですが、いざやってみるとキツいなんてもんじゃなかった。」

引用:Yahooニュース

 

どの人もかなりきつい仕事だったと言っていますね。

 

「地獄のバイト先」なんて異名を持つほど、つらい勤務先だったのが分かります。

 

体力もあり、お金がもらえるバイトにはやる気満々の大学生がこぞって嫌がるって、どれだけひどいの?

 

夜勤だと12時間労働で日当が1万2、3000円くらいということは、時給はほぼ最低賃金ということですね。

 

それでも働く人がいるわけは、日払いで給料がもらえるからなんでしょう。

 

対馬容疑者が働いていた工場にかぎらない話ですが、ネットで「パン工場 きつい」というキーワードで検索すると、体験談が出てくる出てくる。

 

 

 

 

 

パンの製造ラインは、どの会社でも結構きつい作業内容みたいですね。

 

心がやむのがわかるっていう人もいる位。

 

とはいえ、どんなにきつい仕事でも、その経験をバネにして今後に活かせる人もいる。

辛い経験があったからこそ、今の瞬間に幸せを感じられる人もいる。

 

パン工場勤務と事件の犯行について関係付けることはできないですよね。

 

対馬悠介勤務先パン工場の会社名と場所まとめ&おすすめの記事

対馬悠介容疑者が最後に勤めていたパン工場について考察してきました。

 

ちょっと気になったのは、ニュースの書き方がパン工場と犯行に関係あるみたいな構成になっていたところですね。

その職場で真面目にしっかり働いている人が大半でしょうから、その人たちにも失礼ですし。

 

なんにせよ、対馬容疑者にはしっかりと厳しい罰がくだされ、2度とこのような事件が起こらないことを切に祈ります。

 

-話題

Copyright© ぷけっこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.