健康 子育て

手洗い練習スタンプおててポンで手洗い上手に!口コミや使い方を調査!

手に絵の具がついた子供

Sponsored Link

子供たちが外から帰ってきたら手洗いうがいを習慣化していますか?

うちでは、玄関で靴を脱いだらそのまま洗面所に強制直行!

手を洗うまでは家のなかのどこにも行けないようにしています。

しかし小さな子供に一人で手洗いさせると、ジャーッツ!と水をかけて終わり!なんてことありますよね。

石鹸を使って、きちんとばい菌を落としてほしい。

そんな時に便利なものがあります!

「てあらい練習スタンプ おててポン」です!

聞くだけでどんなものか想像でき、子供たちも好きそうな、単純明快な商品名がいいですね!

おててポンを使ってから子供たちが楽しく手洗いするようになったという口コミも多数。

人気の秘密を探ってみましょう。

おててポンとは?

おててポンを販売しているのは、ハンコで有名なシヤチハタです。

子供たちが手洗いを楽しく、効果的にできるように開発されたこのおててポン。

名前のとおり、おててにポン!とするスタンプです。

子供って、ハンコが大好きですよね。

子どもの「好き!」から手洗いへとみちびく、はんこ屋さんならではのアイデア商品ですね!

おててポンの使い方

使い方はいたって簡単。

乾いた手におててポンを、ポン!とスタンプして、石鹸で手を洗うだけ。

手に付いたばい菌の絵が消えるのを目安に手洗いを続けます。

その時間およそ30秒。

30秒あれば、ばい菌やウイルスもばっちり退治できますね。

おててポンのかわいいフォルム

おててポンは子供の手でもにぎりやすい大きさ。

フリップ式になっているフタは、手の平の形になっていて、立てておくのによい安定感があります。

優しい色合いとシンプルなデザインで、洗面所においてもハンコっぽくなくてGOOD!

肌に使うものだから着色は食用色素

おててポンに使われている色は、食用色素を使っています。

子供の手の平に直接使っても安心ですね。

使用回数は約1000回

おててポンの使用回数は約1000回

インクの詰替えはないので、使い切ったら終わりです。

手洗いの回数は人によって違いますが、仮に一日に10回手を洗うとしたら約3か月といったところでしょうか?

おててポンの種類

おててポンには、ブルーピンクの2種類があります。

かわいいらしいばい菌の絵も、ブルーとピンクではちがいます。

子供の好きな方を選ぶといいですね。


子供の手洗いの癖を見つけて効果的に使おう!

子供が手を洗うとき、手の平ばかりに集中してしまいがち。

手の平以外のこんな部分は洗いのこしてしまう子が多いですね。

・指の間

・指の付け根

・指先

・手の甲

・手首

洗いのこしやすい場所に、おててポンをスタンプしましょう!

がんばってスタンプを落とそうとするので、見落としがちな部分もきれいに洗えますよ!

手洗いが嫌いな子には「手洗いするよ!」ではなく、「スタンプするよ!」といって誘ってあげると、よろこんで手を洗ってくれますよ。

おててポンの口コミ

おててポンには大人用もある?

おててポンには、子供向けの「てあらい練習スタンプ」の他にももう一種類

「おててポンキャップレス 手洗い確認」もあります。

こちらは子供向けに作られたものと仕組みは一緒ですが、本体を回してロックを解除して使うキャップレス式です。

スタンプは手の平の絵柄になっています。

ストラップホールがあるので、吊り下げて携帯できたり、フックに引っ掛けておくことができます。

インクも食用色素なので、家族みんなで使ったり、会社に持って行くのもいいですね!

おわりに

風邪や感染症の予防には、手をきちんと洗うことがとても有効です。

おててポンで手洗いを楽しく習慣化して、元気な毎日を過ごしたいですね!

 

 

-健康, 子育て

Copyright© ぷけっこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.