話題

縄田カノンのwiki風プロフィール!代表作や出演映画が注目のブレイク必須女優とは?

2021-08-20

縄田カノンwiki風プロフィール

Sponsored Link

園子温監督のハリウッドデビュー作品「プリズナー・オブ・ゴーストタウン」に出演している縄田カノン(なわた・かのん)さん。

 

作中では青い髪が印象的な女優さんですが、あまりテレビなどで見かけたことがないというのが正直なところ。

 

作風のせいでもありますが、ミステリアスな雰囲気がとても魅力的で、どんな女優さんなのか気になります。

 

女優さんとしての活動は長いのか、これまでの出演作品なんかもチェックしておきたいですよね。

園子温監督の作品、しかもハリウッド作で大注目されそうですので、これを機にブレイクの可能性もあり得ます。

 

この記事では、女優・縄田カノンさんのプロフィールや経歴、代表作などをご紹介しています。

縄田カノンが園子温作品「プリズナー・オブ・ゴーストランド」に出演!青い髪が印象的な女優の素顔は?

個性的なストーリーと世界観で、コアなファンが多い園子温監督。

 

その活躍は日本だけにとどまらず、2021年にとうとうハリウッドデビューを果たすことに。

 

作品名は「プリズナー・オブ・ゴーストタウン」、主演はなんとあの大物ハリウッドスター、ニコラス・ケイジ!

 

あらすじをチェック!

銀行強盗に失敗した主人公・ヒーロー(ニコラス・ケイジ)は、裏社会を束ねるガバナーに責められます。

ガバナーの元から逃げ出した女(ソフィア・デブラ)を連れ戻すことを命じられたヒーローはやがてゴーストランドという町にたどり着きます。

東洋と西洋の文化がまじりあう異端なまちで繰り広げられる痛快エンターテイメント!

 

日本での公開は2021年10月8日からとなっており、その注目度の高さからもヒットの予感がしますね!

 

日本人キャストも続々と発表されていますが、作品中でも青い髪が印象的なこの女優さん

 

 

縄田(なわた)カノンさんという女優さんだそう。

髪色は派手ですが、顔は日本の正統派美人といった感じ。

あまり見かけない女優さんですが、映画や舞台、ドラマなどで活躍しているそうです。

 

最近では「アウト・デラックス」などのバラエティ番組の出演もあったそうで、活動の場を広げていっているみたいですね。

 

園子温監督作品にも出演したことから、これからブレイクが期待される女優さんなのかな~?

 

どんな方なのか気になります!

 

縄田カノンのwiki風プロフィール!年齢や出身地から女優デビューの経歴まとめ

 

こちら黒髪の縄田カノンさん。

ショートヘアがよく似合う印象ですが、ロングヘアの時期もあったよう。

 

 

透き通るような素肌がとってもきれいで、とてもお上品な印象ですね。

 

写真の感じがとても大人っぽいので、年齢も30代くらいかな?

生年月日など基本的なプロフィールを確認してみましょう。

 

名前:縄田カノン

読み方:なわた・かのん

生年月日:1988年9月28日

年齢:33歳(2021年時点)

出身地:大阪府牧方市

身長:168cm

所属事務所:アノレ

 

縄田カノンさんは大阪府出身の女優さんで、2021年で33歳だそう。

洗練された大人の女性といった感じですが、大阪出身なので実はお笑いが大好きだったりして。

 

趣味は読書や映画鑑賞で、ご自身のインスタグラムやツイッターでも鑑賞した映画の評論をしていることが多いようです。

 

もともと映画が好きなのもそうでしょうが、女優さんとしてお芝居を参考にしているという部分もあるかもしれないですね。

 

SNSではお料理やお酒を楽しむ投稿も多く、特に好きな食べ物はエスニック料理、焼き鳥、もつ鍋などの「おじさんが好む食べ物」だそう。

 

特技は剣道で、腕前は2段となかなかのもの。

最近では、古武道2弾も取得したそう!

 

 

武道で鍛えた腕前を、アクション映画でも活かしていけそうですよね。

 

武道の他にも英語が得意だそうで、オーストラリアやアメリカのロサンゼルスに留学した経験があるんだとか。

SNSでも英語を使って投稿していることもあり、語学力もかなり高いようです。

 

園子温監督作品をきっかけに、海外での活動も視野に入れているかもしれないですね。

 

 

家族関係では、元広島東洋カープの津田恒美選手を親戚にもつそうです。

 

津田恒美さんは「炎のストッパー」という異名を持ち、1980年代に活躍した投手。

脳腫瘍のため32歳という若さで亡くなっていますが、津田さんの息子さんとは幼い頃によく遊んでいたそうです。

 

 

小さなころから女優になることが夢だった縄田さん、デビューしたのは2005年、17歳の時でした。

 

デビュー当時の名前は「縄田智子(なわた・ともこ)」だったそう。

こちらが本名の可能性が高そうですね。

 

デビューしてからは「Pearl」というモデル事務所に所属し、モデル活動をしていたそう。

その後いくつかの事務所を転々としながら、現在の所属先「アノレ」にたどり着いたそうです。

 

「アノレ」は俳優の浅野忠信さんの父親が設立した事務所だそうで、浅野さん本人も所属しています。

 

 

浅野さんは縄田さんの大先輩ということになりますね。

 

個性派俳優の代表格と言える浅野忠信さんの後輩なので、縄田さんもそんな芸風を受け継いでいるのかもしれません。

 

縄田カノンの代表作や出演映画は?個性的な役柄と演技力が高評価

2005年にデビューした縄田さんですが、デビューから数年間は目立った活動はしていなかったよう。

 

調べる限りでは、初めてテレビに登場したのは、2009年のサントリー「カロリ」のCMだったそうです。

2009年ごろは女優というより、雑誌に出たりPVに出たりと、女優よりもモデルが本業だったのでしょうね。

 

そんな縄田さん、2012年ごろから映画や舞台にも出演するようになっています。

 

これまでの主な出演作品をあげてみると

 

【映画】

  • 女が眠る時(2016年)
  • ハッピーサッド(2018年)
  • 鈴木家の嘘(2018年)
  • 空の瞳とカタツムリ(2017年)主演・夢鹿役

 

【ドラマ】

  • CONTROL〜犯罪心理捜査〜 第6話(2011年)現場リポーター 役
  • 熱中時代(2011年)家庭科教師・山口智子 役
  • D×TOWN 第5弾「心の音(ココノネ)」第4話(2012年)看護婦 役
  • KBOYS(2018年)
  • 新・ミナミの帝王 〜過去からの罠〜(2019年)長山祐子 役

 

【CM】

  • サントリー「カロリ」(2009年)
  • 日清食品「どん兵衛」(2010年)
  • P&Gジャパン「ウィスパー」(2010年)
  • アクネスラボ「アクネス王子 バス」(2017年)

 

 

このほかで有名な出演作をあげると、2010年に発売されたTOKIOの「NaNaNa-太陽なんていらねえ-」のPVに出演していたそうです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gaku Sakurai(@sakuraigaku)がシェアした投稿

 

完全バージョンの動画を見つけることはできなかったので、どのへんで登場するのかは不明。

出演している生田斗真さんが制服を着ていることから、同じように学生役として登場したのかもしれないですね。

 

 

最近では「アウトデラックス」でバラエティデビューも飾っています。

 

 

「アウトデラックス」では、何でもかんでも凍らせて食べるのが好きという嗜好を語っていました。

豚足なんかも冷た~くして食べるのが好きなんですって。

 

演技だけでなく、嗜好も個性的な縄田カノンさんでした。

 

縄田カノンに関連するおすすめ記事

2021年で33歳、遅咲きブレイクが期待される縄田さんですが、正統派の美人であり、武道家であり、ちょっと変わった嗜好の持ち主というギャップが人気を呼びそうですね。

 

海外留学経験もある縄田さんの英語力についてはこちらの記事でご紹介しているので、ぜひ読んでくださいね。

 

縄田さんのように注目の女優・俳優さんをご紹介しているので、良かったらこちらも読んでいってください!

 

-話題

Copyright© ぷけっこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.