台風

2020年【台風12号】米軍やヨーロッパの進路予想まとめ!日本上陸の可能性や暴風域に入る地域は?

台風13号2020年の進路予想

Sponsored Link

台風シーズンが今年もやってきて、9月21日に早くも12号の発生が確認されました。

日本への接近や上陸が心配されていますね。

この記事では、台風12号が発生した21日午後0時からの進路予想から熱帯低気圧に変わるまでを「米軍台風警報センター」「ヨーロッパ中期予報センター」「windy」や「気象庁」の情報に基づいて最新情報を追いかけています。

台風12号2020(ドルフィン)が発生

気象庁の観測では、9月21日正午に日本の南の海上で台風12号が発生したと伝えています。

台風12号は9月20日の真夜中に台風のたまごとして観測されていたものが、勢力を増して正式に台風と呼ばれるようになりました。

ゆっくりとした速度で北へ進んでいます。

今後の進路によっては、連休明けには日本に接近する可能性があるということです。

23日から25日には西日本から東日本にかけて天気があれることが予想されます。

地元気象台が発表する情報や注意報、警報などの情報をチェックしながら注意を続けて下さいね。

9月21日現在の状況
気圧 998hPa
最大風速 20m/s
最大瞬間風速 30m/s
地域 日本の南

 

9月22日の予想
気圧 992hPa
最大風速 20m/s
最大瞬間風速 30m/s
地域 日本の南

 

9月23日の予想
気圧 990hPa
最大風速 20m/s
最大瞬間風速 30m/s
地域 日本の南

 

9月24日の予想
気圧 992hPa
最大風速 20m/s
最大瞬間風速 30m/s
地域 日本の南

米軍の予報図と進路予想

米軍の合同台風警戒センター(JTWC)はハワイにあるアメリカ国防総省の機関で、台風の発生やたまごをいち早く確認できます。

2020年9月21日の予報では日本の南下に台風12号の発生がみられます。

2020年台風12号米軍1

出典:JTWC

こちらの画像は9月21日の日本時間午前2時半のものですが、日本列島の真下に大きな雲のかたまりに、赤い矢印でTS14Wとさされています。

このかたまりが台風12号です。

 

次に進路予想を見てみましょう。

2020年台風12号米軍2

米軍の進路予報では、日本時間の22日の明け方から早朝にかけて南大東島付近を通過し、その後ゆっくり北上しながら四国、本州方向に近づいてくる見込みです。

真っ直ぐ北上しているのがよくわかりますね。

 

ヨーロッパの進路予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)では、スーパーコンピューターを用いて精密に台風の進路を予想します。

10日先まで予報ができるので先の見通しはつきやすいですが、日がたつにつれ精度が落ちてきます。

【9月21日】

日本の南下に小さな丸がありますが、これが台風12号です。

2020年台風12号ヨーロッパ1

 

【9月22日】

2020年台風12号ヨーロッパ2

 

【9月23日】

2020年台風12号ヨーロッパ3

 

【9月24日】

2020年台風12号ヨーロッパ4

出典:ECMWF

ヨーロッパの予想をみてみても、米軍と同じく日本の南下で発生した台風が真っ直ぐ北上する進路をたどっています。

日本列島に上陸する可能性があるのは9月24日で、台風の目がちょうど四国にかかっている感じですね。

このままの進路で行くなら北上しながら日本海側を通って大陸に抜けていくことが予想されます。

 

windyの進路予想

windyは風の動きを動画で観ることができ、視覚的に台風の位置や強さを確認できます。

windyの予想図はヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の情報をもとに作られています。

 出典:windy

画像下にある再生マーク(▶)がついたバーの任意の場所をクリックすることで、その時間帯の台風の位置や動きを確認することができます。

日付を進めていくと、22日までは特に日本への影響はなさそうですが、23日に日付が変わったあたりからだんだんと近くなり、23日のお昼ごろには四国の真下まで移動してきます。

四国に上陸する恐れはありそうですが、日本に最接近してからはだんだんと台風の渦がぼやけてきているので、24日には勢力が弱まり熱帯低気圧へと変わる可能性もありそうです。

 

気象庁の台風経路図

気象庁では台風が発生した場合の予報や進路図が発表されます。

米軍が先にたまごが台風になったことを発表していましたが、気象庁も少し遅れて21日の正午に台風としての進路を発表しました。

2020年台風12号気象庁

出典:気象庁

気象庁の進路予想図でも台風はゆっくりと北上していくことが分かりますね。

台風の北上に伴い前線の活動が活発となりますので、台風が接近する可能性のある西日本から東日本の太平洋側では大雨となる恐れがありそうです。

日本上陸の可能性や暴風域となる地域は?

近年では台風で一番大きな被害が出るのは9月と10月に集中していますので、台風12号にも厳重な警戒が必要ですね。

日本への上陸を各機関の進路図の情報をもとにまとめてみると、9月21日午後現在の段階では以下の可能性が考えられます。

・上陸の可能性があるとすれば23日午後から24日午前にかけて

・上陸の可能性がある地域は四国・中国・近畿地方

 

暴風域の定義

出典:気象庁

暴風域は風速平均25m以上の場合に表示されるようになります。

気象庁の進路予想図では赤い円で囲まれた地域となりますが、台風12号に関しては黄色の円で囲まれた「強風域」の表示はありますが、暴風域はまだ確認されていません

中心気圧や最大風速の予報をみても、平均風速が25m以上と予想されている日は今のところないようです。

しかし、地形や条件によってはかなり強い風雨となる地域も出てくる可能性があるので、最大の注意をはらっておいて間違いはないですね。

おわりに

台風12号は、9月の始めに日本に上陸した10号に比べると勢力はあまり強くないようです。

この先の進路や勢力が予報通りにいくとは限りませんので、最新の情報を収集して備えておきたいですね。

台風13号2020年の進路予想
2020年台風13号たまご|米軍やヨーロッパの進路予想!日本上陸の可能性や最接近の時間帯は?

2020年の台風13号・クジラの発生が9月27日午前に観測されました。 南鳥島近海にあった台風のたまごから発達したものです。 台風13号が発生したことで、9月の台風は合計4つ目になります。 10月を目 ...

続きを見る

台風10号2020年九州
台風10号(2020年)進路|米軍やヨーロッパ予想は?九州最接近の日時や上陸の可能性も調査!

台風9号が朝鮮半島へ抜けていったばかりですが、次の台風10号がすでに発生しています。 9月3日現在は日本の南に位置していますが、まだ影響が出る距離ではありません。 勢力をあげながら北北西に進んでおり、 ...

続きを見る

台風10号2020年九州
【台風10号】2020大分の進路予想|上陸の可能性はある?最接近やピークの日時を調査!

台風9号が沖縄や九州付近を通過し、あとしばらくで温帯低気圧に変わることが予想されていますが、一方ですでに台風10号が発生しています。 台風10号はかなり大きな勢力をもち、日本列島を通過することが心配さ ...

続きを見る

-台風

Copyright© ぷけっこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.