話題

佐々木麟太郎の両親や妹など家族構成は?父は花巻東監督&母の職業や野球部所属の妹についても調査!

佐々木麟太郎の両親や妹など家族について

Sponsored Link

岩手県の花巻東高等学校で、菊池雄星選手と大谷翔平選手に続くと言われている怪物スラッガー・佐々木麟太郎選手。

 

2021年11月20日に行われた明治神宮野球大会高校では、高校通算48号で全国デビュー弾となる先制ソロを放ち、大きな話題となりました。

 

佐々木麟太郎選手の父親が花巻東の名監督・佐々木洋氏ということは野球ファンの間でかなり有名な話だそうですが、幼いころから野球に触れ続けてきたこと、父親の野球に対する情熱が遺伝していることなど、佐々木麟太郎選手の活躍もうなづけます。

 

そんな大物の佐々木麟太郎選手、母親ほか家族についても注目されているみたいですね。

大谷翔平越えの可能性もあると言われている佐々木麟太郎選手が育ってきた家族や実家の環境などについて調査してみました。

花巻東・佐々木麟太郎が神宮大会で高校通算48号先制ソロ!スーパースラッガーを育てた両親や家族が気になる!

2021年11月20日に行われた明治神宮野球大会高校の部、1回戦に出場した花巻東高等学校の佐々木麟太郎選手に注目が集まっていますね。

 

国学院大久我山との対戦で、3番・一塁でスタメン出場した佐々木麟太郎選手ですが、1回のファーストスイングで豪快な先制ソロを放ち、高校通算48号なんだとか。。。

 

 

高校入学当初から怪物として恐れられていた佐々木麟太郎選手がバッターボックスに登場したとき、相手の国学院大久我山の先発・渡辺投手をはじめ相手チームにピリッと緊張が走ったことでしょうね。

 

渡辺投手の2球目をとらえた打球はライトスタンドへ吸い込まれるように飛んでいき、神宮初のアーチを見送りながら悠々とホームベースへ走っていく佐々木麟太郎選手には、一年生とは思えないくらいの貫禄を覚えた人も多いのでは。

 

明治神宮野球大会は佐々木麟太郎選手にとって高校1年生の秋ですが、その時点で通算48本塁打って、桁が違いすぎて呆気に取られてしまいますよね。

 

歴代の高校通算本塁打ランキングを見てみると、現在日本ハムファイターズで活躍中の清宮幸太郎選手の111本が第一位となっていますが、このペースで行くと佐々木麟太郎選手の清宮越えも時間の問題。。。

 

聞くところによると、佐々木麟太郎選手の父親は花巻東の野球部の監督で、菊池雄星選手と大谷翔平選手、二人のメジャーリーガーを育て上げた人なんだとか。

 

そんな父親の背中を見てかは分かりませんが、息子の佐々木麟太郎選手もかつての教え子のようなビッグな道を進んでいきそうな予感がしますね。

となると、佐々木麟太郎選手の家族が全体で野球に関わり、野球と共に生きているのではと思いますが、それを支える母親はどんな人なのかも知りたくなりますね。

 

また、兄弟、姉妹はいるのか?佐々木麟太郎選手と同じ様に野球を頑張っているのかもきになる。

 

怪物スラッガーを育てた家族についてチェックしていきたいと思います!

佐々木麟太郎の両親や妹など家族構成は?父親は花巻東で野球部監督&母親の職業などの経歴を調査!

 

高校野球界に新しい風を巻き起こしそうな花巻東の佐々木麟太郎選手ですが、家族について調べていく前に、簡単なプロフィールを確認しておこうとおもいます。

名前:佐々木麟太郎

読み方:ささき・りんたろう

生年月日:2005年4月18日

年齢:16歳(2021年時点)

出身地:岩手県

身長:183cm

体重:117kg

高校:花巻東高等学校(1年生)

投打:右投左打

 

佐々木麟太郎選手は2005年生まれで、2021年時点で16歳の高校一年生。

父親は花巻東高校の野球部監督をしていて、野球後進県と言われていた岩手県の花巻東をほんの数年で甲子園常連の強豪校に育て上げたというのは、高校野球ファンの間では常識なんだそう。

 

今回息子が大活躍していることで、さらに父親の監督にも注目が集まっていきそうです。

 

そんな佐々木麟太郎選手の家族は、父親、母親、妹の4人家族だそう。

佐々木麟太郎の家族

  • 父親:佐々木洋
  • 母親:佐々木玲香
  • 妹:詳細不明

 

父親の洋氏は花巻東高校の監督で、社会科の教諭として教壇に立っているとのこと。

ハーフっぽいイケメンの佐々木監督ですが、生まれも育ちも岩手県北上市だそうです。

 

佐々木麟太郎選手の母親・玲香さんについては、一般の方なので職業やプロフィール、経歴などは分かりませんでしたが、地元江釣子(えづりこ)の地域だよりのようなサイトでは、佐々木洋氏の奥様ということで写真が掲載されていました。

えづりこ6区自治会だより

 

2009年の江釣子地区の大運動会の様子が掲載されているのですが、体育協会から特別表彰ということで、佐々木洋氏の代わりに奥さんの玲香さんが表彰台に上がるシーンもみられます。

ショートヘアーがよく似合う美人なお母さんでしたよ。

 

母親の玲香さんの年齢など詳細は不明ですが、父親の洋氏が2021年で46歳ということなので、母親も40代くらいではないかと思われます。

 

大運動会で表彰されるくらいなので、佐々木麟太郎選手の家族は地元では有名な一家であることが分かりますね。

そして江釣子地区の大運動会がにぎやかに行われている様子から、佐々木麟太郎選手の実家地域はとてもアットホームで、昔ながらのあたたかい交流がある良い地域なんだなと思いました。

 

ちなみに、佐々木麟太郎選手の父、佐々木洋氏はスポーツ紙やニュースなどで名将としてたびたび取り上げられることがあるようですが、インタビューなどで父(佐々木麟太郎選手の祖父)の話をたまにしていることがあります。

 

佐々木洋氏は農家に生まれた次男で、実家を継ぐことはなかったが、家を建てる場所は実家に用意してもらったというような話をしていたことから、佐々木麟太郎選手の祖父も実家に近い場所に住んでいるのではと思われます。

 

佐々木麟太郎の妹の年齢や画像は?硬式野球部所属の妹の将来は女子プロ野球選手!?

 

佐々木麟太郎選手のご両親について紹介してきましたが、年の近い妹もいるとのこと。

妹についてもやはり一般の方なので特に詳細を公表しているわけではないそうです。

 

一部の情報では、佐々木麟太郎選手と同じく野球に打ち込んでいるそうで、かつて佐々木麟太郎選手が所属していた金ヶ崎リトルシニアに所属しているとのことです。

 

現在中学3年生の妹さんは、佐々木麟太郎選手も通っていた地元江釣子中学校の3年生だそう。

東京オリンピック2020の聖火リレー走者として、JR北上駅西口から始まったリレーの第2走者を務めたそう。

おそらく写真右上で元気よくジャンプしているかわいらしい女の子が佐々木麟太郎選手の妹さんだと思われます。

 

聖火ランナーの志望動機には、このように書かれていたそうです。

私が大好きなことは野球です。小学校2年生から今まで、ずっと野球を続けています。現在は、金ケ崎リトルシニアに所属しています。44名のチームメートのうち、女子選手は私1名。身体の大きい男子選手と一緒の練習では迷惑をかけてしまうことが多いです。でも、監督・コーチ、チームメートの皆さんに囲まれ、楽しくプレーすることが出来ています。約5年間支えてくれた家族。また野球を指導してくれた方々、仲間が、勝てば一緒に喜んでくれたり、負けても励ましてくれたことが、私が野球がもっと大好きになったきっかけです。私は将来、皆を笑顔にしたり、支えることが出来るような有名な女子プロ野球選手になりたいです。そして、今までお世話になった方々にプレーで恩返しがしたいと思っています。

引用:NHK

 

所属している金ヶ崎リトルシニアのチームメンバーのうち、43人が男子で女子は一人だけというのがスゴイですよね。

よっぽど野球が好きで、しかも男子に混ざっての練習についていけるほどの実力があるということなのでしょう。

 

佐々木麟太郎選手が所属する花巻東高等学校には女子の硬式野球部もあるそうで、中学校を卒業すれば花巻東に進学する可能性もあるかも?

 

そうなれば兄の佐々木麟太郎選手のようにメディアで紹介される日が来るかもしれないですね。

佐々木麟太郎の両親や妹など家族構成より気になる話題!

佐々木麟太郎の両親や妹など家族構成より気になる話題を集めたので、ぜひ読んでみてくださいね。

-話題

Copyright© ぷけっこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.