暮らしの知恵

マスク着用時のメガネの曇り対策!裏技や曇り止めグッズで視界スッキリ!

2020-03-09

メガネの曇りを解消

Sponsored Link

メガネをかけている人が、マスクをすることでぶち当たる壁があります。

メガネをかけたままマスクを着用すると、メガネが曇って前が見えない!

視界は悪いし、ちょっと恥ずかしいし、どうにかならないものかと困っているあなたに朗報です。

マスクを着けたままでもメガネが曇らない裏技、便利な曇り止めグッズなどをまとめました!

これで今日から視界スッキリです!

こんなあなたに読んでほしい

・マスクをしたままメガネをかけると曇ってしまい視界もわるく、ちょっと恥ずかしいからどうにかしたい

・マスクを着用してもメガネが曇らない方法が知りたい

マスクを着用するとなぜメガネが曇るの?

マスクをするとメガネが曇ってしまう原因は「結露」です。

空気中には目にはみえない水蒸気がふくまれています。

空気中の水蒸気は、空気の温度が高いと多くなり、低いと少なくなります。

マスクの中や温かい室内、電車の中、ラーメンのゆげなどの温かい空気にふくまれた水蒸気が、メガネの冷たいレンズにあたるとします。

すると、レンズにあたった空気の温度がさがり、含みきれなくなった水蒸気が水滴となります。

その水滴がレンズの表面に付着し、レンズを曇らせます。

気温の高い春や夏は、外気とレンズの温度にあまり差がないために、メガネも曇りにくいです。

冬のマスクの中は、呼吸により温まっていますが、その息がキンキンに冷えたレンズにあたることで結露が出やすい状態になります。

冬の寒い日などに窓につく水滴の「結露」とおなじ理論なんですね。

曇りを防ぐ第一歩!メガネのレンズはきれいですか?

メガネのレンズが曇る原因は結露ですが、結露がつきやすいレンズの状態があります。

それはズバリ、レンズが汚れている状態です。

レンズの表面に皮脂やほこりが付着していると、目に見えない水滴がつきやすくなります。

しっかりとみがかれたレンズは、結露による水滴がつきにくく、視界もスッキリ。

正しいお手入れ法で、キレイなレンズを保ちましょう。

メガネの正しい拭き方

① 水道水でほこりや汚れを流す
② 皮脂や化粧汚れなど落ちにくいものは、中性洗剤を一滴たらしてやさしくこすり、水でながす
③ 清潔なティッシュや布でレンズをはさみ、水分をやさしくふき取る
④ メガネ拭きで仕上げ拭きをする

絶対にやってはいけないことは、汚れが付いたままの状態で、服のすそやティッシュでガシガシこすってしまうこと。

レンズに付いた汚れをそのままこすると、傷の原因になります。

ひと手間ですが、かならず水で流してからふき取るようにしてくださいね。

中性洗剤の代わりに、メガネ専用メガネのシャンプーもお勧めです。

泡タイプのスプレーで、こすらず洗い流すだけでレンズをまんべんなくシャンプーできます。

除菌効果もあり、花粉やウイルス対策にもなりますね。

 

水でながす時間がないときや、その場ですぐにきれいにしたいときは、速乾性ウェットタイプのレンズクリーナーがおすすめ。

洗剤いらずでレンズがピカピカになります。

 

 いつものマスクにひと工夫でメガネの曇りを防ぐ方法

いつも使っているマスクに少し手を加えるだけで、メガネが曇るのを防いでくれます。

その場で手軽にできるので、ぜひ試してみて下さい。

その1 マスクの上部を内側に折り込む

マスクの上部を内側に一回折り込むだけで、マスク内から息が上に漏れるのをストップ。

曇りを防いでくれます。

 

その2 ゴムを結んで密着性を高める

マスクのゴムを結び、少し短くして顔に密着する度合いを高めます。

針金部分を鼻の形に添ってしっかり折れば、空気の逃げ道をふさぐことができます。

その3 マスクの上部にティッシュをはさむ

細くたたんだティッシュを、マスクの上部にはさみ込みます。

マスクと顔のすき間をなくして息がもれるのを防ぎます。

その4 マスクを目の下まであげる

マスクを目の下ぎりぎりまであげて、メガネの鼻あてで押さえるようにします。

密着性を高めて、マスク内の空気がもれるのを防ぎつつ、レンズに温かい空気がふれる面積を少なくできます。

メガネの曇り止めグッズで一日中快適!

マスクに対策をした後は、メガネにも対策をくわえて、ダブルで曇りを防ぎましょう。

曇り止めグッズを使えば無敵です。

耐久タイプ メガネの曇り止め 濃密ジェル

一本で100回ほど使用できてお得です。レンズに一滴ジェルを出し、キレイなティッシュなどで拭きあげるだけの簡単タイプ。

毎日メガネをかける人は一本持っておくといいですね!

 

かわいい缶に入ったくもり止めクロス「フォグストップ」

 

缶の中からサッと取り出して拭くだけで、メガネの曇りを防いでくれます。

一枚で300回使えるという優れもの。

缶のデザインもかわいくて、バッグに忍ばせておきたくなりますね!

おわりに

以上、マスクをした時のメガネの曇り対策をご紹介しました!

メガネかけとしては本当に気になるこの問題。

上手に対策して、快適な一日を過ごしましょう!

 

-暮らしの知恵

Copyright© ぷけっこブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.