話題

加藤シゲアキ「オルタネート」実写化するならいつごろ?キャストの予想も集めてみた!

オルタネート

Sponsored Link

2020年11月に出版されたNEWSの加藤シゲアキさんが書いた小説「オルタネート」が話題ですね。

2021年3月2日には「第42回吉川英治文学新人賞」を受賞。

「第164回直木賞」「本屋大賞」にもノミネートされています。

著者の加藤シゲアキさんがアイドルだという話題性があるにしても、作品自体が良くなければこれだけの評価はないですよね。

「オルタネート」が小説としてかなりおもしろいものということを証明しています。

ここまで話題になると、作品のファンや加藤さんのファンが期待しているのは「実写化」ではないでしょうか。

自分も「オルタネート」の実写化について結構気になっています。。。

この記事では

・「オルタネート」が実写化される可能性

・実写化されるならいつ頃になるのか

・実写化されるならキャストは誰?

など、実写化に関して気になることをまとめて考察してみました!

加藤シゲアキ「オルタネート」実写化の可能性に迫る!

「オルタネート」は、NEWSの加藤シゲアキさんが書いた長編小説。

高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」を通して、三人の若者の葛藤や挫折、その先にある未来を描くドラマチックな青春ストーリーです。

 

「オルタネート」あらすじ

高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」が必須のウェブサービスとなった現代。

東京にある円明学園高校で、3人の若者の運命が、交錯する。

調理部部長で品行方正、しかし、あるトラウマから人付き合いにコンプレックスを抱える蓉(いるる)。

母との軋轢を機に、絶対真実の愛を求め続けるオルタネート信奉者の凪津(なづ)。

高校を中退し、かつてのバンド仲間の存在を求めて大阪から単身上京した尚志(なおし)。

出会いと別れ、葛藤と挫折、そして苦悩の末、やがて訪れる「運命」の日。3人の未来が、人生が、加速する――。

悩み、傷つきながら、〈私たち〉が「世界との距離をつかむまで」を端正かつエモーショナルに描く。圧倒的な筆致で紡がれた、運命と選択の物語。

引用:Yahoo!ニュース

 

SNSとは切っても切り離せない生活が送られている「今」を生きる少年少女の物語なので、同世代からはもちろん、大人世代が読んでも自身の青春時代の心の様子など重ねながら楽しめる作品でした。

著者の加藤さんがアイドルだということでいろんな声もありますが、内容としては直木賞などにノミネートも納得!

 

三つの大きな賞にノミネートされたことから、実写化を期待してしまうのはとても自然なことですよね。

各文学賞ノミネート作の実写化作品例

これまでに「オルタネート」と同様に、直木賞、本屋大賞、吉川英治文学新人賞の候補としてノミネートされたもので、のちに実写化された作品を調べてみました。

 

直木賞

「蜩ノ記」葉室麟(2013)出演:役所広司、岡田准一

「小さいおうち」中島京子(2013)出演:松たか子、黒木華

「悼む人」天童荒太(2015)出演:高吉健吾、石田ゆり子

「何者」朝井リョウ(2016)出演:有村架純、佐藤健

「破門」黒川博行(2017)出演:佐々木蔵之介、横山裕

など

 

本屋大賞

「海賊とよばれた男」百田尚樹(2013)出演:岡田准一、吉岡秀隆

「怒り」吉田修一(2014)

「君の膵臓を食べたい」住野よる(2016)出演:浜辺美波、北村匠海

「火花」又吉直樹(2016)出演:菅田将暉、桐谷健太

「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和(2017)出演:有村架純、健太郎

など

 

吉川英治文学新人賞

「ツナグ」辻村深月(2010)出演:松坂桃李、樹木希林

「Aではない君と」薬丸岳(2015年)出演:佐藤浩市、天海祐希

「リバース」湊かなえ(2015)出演:藤原竜也、戸田恵梨香

「ミッドナイトジャーナル」本城雅人(2016)出演:竹野内豊、上戸彩

など

 

近年の作品をあげてみましたが、かなり実写化されていますね。

実写化されたものの多くは受賞作でした。

「オルタネート」吉川英治新人賞受賞、直木賞・本屋大賞ノミネート作品。

立て続けに大きな文学賞に3回もとりあげられており、実写化となる可能性は十分にあると思います。

 

実写化しやすいストーリー

「オルタネート」が実写化される可能性があると考える理由として、有名な賞に複数ノミネートされたという評価と同時に、実写化しやすいストーリーや設定にあると思います。

 

「オルタネート」は今を生きる若者に切っても切り離せないSNSを通じてストーリーが展開されていきます。

3人の若者を中心に進んでいくストーリーは、主線がありつつもサイドストーリーとしてそれぞれの人物の様子を描き、やがて一つのクライマックスに繋がっていきます。

 

過去作品も実写化している

これまでに数々の小説を世に出してきた加藤シゲアキさんですが、そのうちのいくつかはすでに実写されているものがあります。

【実写化された作品】

・ピンクとグレー(2016年、映画)

・傘をもたない蟻たちは(2016年、テレビドラマ)

 

実写映画となった「ピンクとグレー」は、加藤さんの処女作であり、映画のキャストは中島裕翔さん、菅田将暉さん、夏帆さん、岸井ゆきのさんなど豪華な顔ぶれ。

 

「傘をもたない蟻たちは」は短編集ですが、収録されている6編のうち「恋愛小説(仮)」「インターセプト」「にべもなく、よるべもなく」がテレビドラマ化されました。

 

映画、ドラマともに話題となりましたよね。

 

「オルタネート」に関しては、これまでの加藤さんの作品の中でも吉川英治新人賞の受賞、直木賞と本屋大賞の候補作という大作となっています。

個人の好みはあれど、これまでの作品からさらに面白さや注目度がたかいことの現れですよね。

これだけ話題性を持った作品が実写化されるというのはとても自然な流れですし、可能性は十分あるとおもっています!

「オルタネート」実写化するなら時期はいつ頃?

実写化の可能性はかなり高そうと予想していますが、もし本当になるならどのくらいの時期に実現するのかも知りたいですよね。

話題になった小説が実写化されるまでにかかる期間は作品によってさまざまです。

 

そしてこの記事を書いている現在(4月14日午前11時)は、ノミネートされている本屋大賞2021の発表直前です。

現時点で実写化の話が進んでいる可能性もあるかもしれませんが、本格的に動きが出るとすれば、本屋大賞の発表は待ってからだと思います。

 

参考までに、前述した「ピンクとグレー」「傘をもたない蟻たちは」が発表され、実写化までにかかった期間をみてみると、、、

 

【ピンクとグレー】

小説:2012年1月28日発売

実写映画:2016年1月9日公開

期間:約4年

 

【傘をもたない蟻たちは】

小説:2015年8月1日発売

実写ドラマ:2016年1月9日放送

期間:約5か月

 

どちらの作品も実写化されるまでの期間が違いすぎますね…

映画とドラマの制作規模の違いなどもあるかもしれませんが、それにしても実写まで約4年かかったピンクとグレー、実写までわずか5か月の傘をもたない蟻たちはではあまり参考にならないかも。。。

 

とはいえ、今の日本で最も注目されている小説の一つですし、その熱が冷めないうちに実写化となった方が制作側にとっても観る側にとっても新鮮で良いような気はしますね。

オルタネートファンとしてはもどかしいですが、実写化のニュースを待つよりほかないようです…。

 

実写化するなら映画かドラマ?アニメという声も?

「オルタネート」が実写化されるとしたら、映画なのかドラマなのかも気になりますよね。

個人的には話のまとまりから考えると、2時間程度の映画の方がすっきりと分かりやすく、おもしろく実写できそうだなという感想。

小説や漫画がドラマになると原作にはない脚色がされる傾向もあり、「オルタネート」の繊細な世界観が失われそうな気がしますね。

 

SNSの反応を観ていると、実写よりもアニメで再現してほしいという声が意外に多かったです。

単行本の表紙はイラストレーターの久野瑤子さんが手掛けています。

ふんわりとして、透明感のある色彩が目を引きますよね。

キャラクターの表情から、その人となりも読み取れてしまうような素敵なイラストだなと思いました。

 

アニメにしてほしいという人は、おそらく表紙のイラストと物語のイメージから想像しているんでしょうね。

確かに、アニメも捨てがたい!

欲をいえば実写もアニメも見てみたいなんて思ってしまいます。

 

「オルタネート」実写化キャスト予想を集めてみた!

実写化されるにあたって、一番楽しみなのはキャストですよね。

「オルタネート」に登場する主要人物は、新見蓉(にいみ・いるる)、伴凪津(ばん・なづ)、楤岡尚志(たらおか・なおし)の3人です。

それぞれ誰が演じることになるのでしょうか?

 

PVのキャストを続行?

上の動画は小説「オルタネート」のプロモーションビデオ。

すでに実写化の雰囲気がよく出ていますよね。

 

このビデオに出演しているのは

・加藤シゲアキ

・ 佐藤緋美

・渡部蓮

・山田愛奈

・葉月ひとみ

・円井わん

以上の6人です。

 

あまり見慣れない名前の方が多いですが、皆さんモデルや俳優として活躍しています。

短いPVでどの俳優がどのキャラクターを表しているか分かりづらいですが…

 

もし実写化されるのであれば、このPVのキャストを続投というのもあり得るかもしれないですね。

 

SNSでみつけたキャスト予想!

ほんとうに実写化されるという発表はまだありませんが、ファンからはすでに実写キャストの予想がたくさん出ています。

みなさんの声をまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

男性はジャニーズやジュニアからの配役を希望するという声が多く上がっていました。

女性は浜辺美波さん、森七菜さん、広瀬アリスさんなどの名前が挙がっていましたね。

おわりに

SNSでも実写化の噂が立つくらいですから、もしかしたらすでに水面下で話が進んでいるのかも?なんて期待してしまいますね。

火のない所に煙は立たぬともいいますし。

これからどうなっていくのか期待して待ちたいと思います!

-, 話題

Copyright© ぷけっこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.