話題

佐々木宏氏のCMやキャッチコピーまとめ!有名作品多数で年収がヤバイ?

佐々木宏の作品と年収

Sponsored Link

日本を代表するクリエイティブディレクターで、東京オリンピックのオープニングセレモニーの責任者に任命されていた佐々木宏さん。

渡辺直美さんへの不適切な発言で注目されていますね。

人々を喜ばすような素敵な作品を世に送り出してきた方でもあり、今回のスキャンダルは残念に思っている人も多いみたい。

誰もが知るCMやキャッチコピーを世に送り出していますが、佐々木宏ときいても作品は何なのか分かりませんよね。

そこで今回は、佐々木宏さんが手掛けたCMやキャッチコピーをまとめてみました。

これまで大活躍されてきた一流のクリエイティブディレクターなので、気になる年収はいくらくらいなのかも調査しました。

 

佐々木宏が手掛けたCMやキャッチコピーまとめ!

佐々木宏さんは、クリエイティブディレクター、コピーライターとして日本のメディアの第一線で活躍している方です。

 

慶応義塾大学を卒業した1997年に日本大手の広告代理店である電通に入社

最初に配属された新聞雑誌局からクリエイティブ局へ移動し、コピーライターとして活躍を始めます。

30代半ばからテレビに係るようになり、沢山の有名作品を作り上げてきました。

 

日本中のだれもが知っているようなものばかりなので、あれもこれも佐々木氏の作品だったということに驚きです!

代表的な過去作品をまとめてみました。

 

CM

ソフトバンクモバイル

「ブラッドピット&キャメロンディアス」

「予想外シリーズ」

「白戸家シリーズ」

「SMAPシリーズ」など

 

サントリー

「BOSS(矢沢永吉シリーズから現在まで)」

「モルツ」

「ウイスキー(リザーブ友の会)」

「DAKARA」

「ビタミンウォーター」など

 

トヨタ自動車

「ReBORNキャンペーン」

「ドラえもん実写版シリーズ」

「TOYOTA-ECO-PROJECT」など

 

江崎グリコ

「OTONA GLICO」など

 

資生堂

「UNO」など

 

富士フィルム

「フジカラー」

「樹木希林シリーズ」

「お正月を写そう」など

 

かなり有名というか、知らない人の方が少ないほどお茶の間に浸透しているCMばかりですよね。

電通のクリエイティブ局時代から30年以上第一線で活躍してきた凄腕の方だったんですね。

 

キャッチコピー

・そうだ 京都、行こう

・ダメ。ゼッタイ。

・第一志望は、ゆずれない。

・ニューヨークへ、行こう。 など

 

キャッチコピーも聞いた事のあるモノばかりですね。

CMやコピーが主なお仕事のイメージとなりますが、2016年リオデジャネイロオリンピックでは、安倍元首相が扮する「安倍マリオ」の演出も手掛けています。

これはかなり盛り上がりましたよね!

東京オリンピックは日本の晴れ舞台ですので、佐々木氏のオープニングセレモニーもかなり期待していたのですが、なんだか残念な結果となりましたね。

 

佐々木宏の年収はいくら?

大きな作品を手掛ける佐々木さんですが、一般人からすればどのような収入があるのか全く想像できませんよね。

1977年に入社した電通は、日本でも最大手の広告代理店で、お給料の良さは会社名を聞くだけでもイメージはつくと思います。

電通の平均年収額を調べたサイトはいくつかありますが、ほとんどが1000万円以上。

働き盛りを過ぎ、最大収入期を迎える50代の男性では、平均1500万円とのことです。

佐々木さんはクリエイティブ局長という役職についていたこともあり、平均の1500万円よりかなり上の額をもらっていた可能性もありますね。

 

電通に数十年務めた後2013年、電通の完全子会社である「シンガタ」のリーダーとして会社を引っ張る立場になります。

電通の子会社ということで、電通社員時代よりはいい条件で移っていることは確実ですよね。

その間引き続き大手企業のCMなどを手掛けてきており、2016年にはリオオリンピックにもかかわっていることから、電通時代とは比べ物にならないほどの年収があったことでしょう。

参考までに、以前佐々木氏率いる「シンガタ」で働いていた社員の年収は3000万円ほどだったという報道がされたことがあるそうですが、社員でその額ということは、トップの佐々木氏は3000万円以上の年収だということは想像できます。

 

 

佐々木さんは「シンガタ」を2019年に引き上げ、個人事務所「連」を立ち上げています。

電通から完全に離れたことになりますが、お仕事は相変わらず順調のようです。

通常個人事務所を設立する目的は、節税対策などですよね。

会社員として働いていると源泉徴収で所得税を納税することになりますが、個人事業主では法人税となります。

所得税の最大税率が45%なのに対し、法人税は最大で23.2%とかなりの差がありますね。

佐々木さんは個人事務所として自分自身に役員報酬を出していると思いますが、自分への役員報酬も経費として認められたりと、なにかとお得になることばかりだそう。

 

会社員時代から仕事が減るどころか、東京オリンピックという大きなイベントを手掛けるほどなので、収入自体は上がり続け、税金は少なく収めることができていると考えると、現在の年収は5000万円かそれ以上はあるかもしれないですね。

 

おわりに

東京オリンピックへのワクワクが盛り上がる中でこういったスキャンダルや不適切発言がでると、オリンピックに係る人や日本中の沢山の人たちの気持ちを沈ませてしまいますよね。

これから数か月後に控えた東京オリンピック、何事もなく開催され、成功を収めることを祈るばかりですね。

佐々木宏出身高校と大学
佐々木宏の出身高校や大学は?嫁や子供がいるのかも調査してみた!

東京オリンピック開会式の責任者に就任し、一躍注目を浴びた佐々木宏さん。 オリンピックの重大な役割を担う方ですが、渡辺直美さんへの不適切発言でさらなる注目を集めていますね。 これまでにかなり有名な作品を ...

続きを見る

-話題

Copyright© ぷけっこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.