極主夫道

おおのこうすけは女?男?年齢や漫画家としての経歴&過去作品まとめ一覧

岸辺露伴は叫ばない

Sponsored Link

漫画家のおおのこうすけさんの代表作「極主夫道」が2020年10月に玉木宏さん主演でドラマ化されます。

漫画好きの界隈ではとても有名な漫画家さんですが、実写ドラマの原作になることでさらに注目が高まりますね。

おおのさんがメディアに出る時は顔画像がでることはなく、SNSのアイコンも「極主夫道」に出てくるSHIBAINUエプロンのキャラクターになっています。

とってもおもしろい漫画を描く作者がどんな人なのか気になりますね。

この記事では漫画家おおのこうすけさんについてまとめました。

おおのこうすけのプロフィール

名前:おおのこうすけ

本名:不明

生年月日:12月31日

年齢:不明

性別:不明

出身地:滋賀県草津市

おおのこうすけさんについて公表されていることは誕生日と出身地くらいです。

漫画家としての作家名はひらがなで「おおのこうすけ」ですが、本名は明かされていません

「おおのこうすけ」という読みだけを作者名としてつかい、本名は漢字で「大野康介」とか「大野孝輔」など、ということも考えられますね。

出身地は滋賀県草津市です。

おおのさんが草津市出身ということは、ファンや草津市民のなかではとても有名です。

その理由は、2018年2月23日からwebコミックサイト・くらげバンチにて連載中の人気漫画「極主夫道」に登場する背景が滋賀県草津市だから。

草津市内のショッピングモールや居酒屋さんなど、実際に存在するお店や建物を漫画の中に登場させています。

地元愛の強い方なんでしょうね!

おおのさんの連載中の漫画「極主夫道」の出版元の新潮社にあるプロフィールにも、出身地以外の詳しい情報は載っておらず、唯一個人的な情報として「犬や猫などが好きだが、動物アレルギーである」と書かれているだけでした。

ご本人はペットに柴犬を飼ってかわいがっているそうですが、アレルギーがあっても好きな気持ちは抑えられないということですね。

作品が注目されていることから、作者にも光が当てられることがこれから多くなると思いますが、謎の多い作者さんということで広まっていきそうですね。

女・男?性別はどちら

「おおのこうすけ」とネットで検索すると、検索ワードに「女」「性別」という言葉が出てきます。

男性に人気の漫画を描いている方なので、てっきり男性だと思っていましたが、実は女性という可能性もあるのか?

調べていくと、ファンの間ではおおのさんが女性ではないかという噂は実際にあったそう。

理由として、おおのさんが描くキャラクターが柔らかいタッチで描かれることがあり、もしかして女性?という話が飛び交ったとのこと。

確かに、たまにSNSで投稿する絵のなかにはかわいらしい感じのものもありますね。

 

しかし、漫画のなかでは極道の強面たちや迫力ある乱闘シーンなど、力強いタッチで描かれています。

男性、女性、どちらとも取れる感じがしますが、実際はどうなのでしょうね。

個人的には、名前や画風、ツイッターのつぶやきやインタビューでの言葉遣いなどから、やはり男性じゃないかなと思っています。

 

年齢は何歳なのか

ご自身のツイッターでも公表されているとおり、おおのこうすけさんの誕生日は12月31日のようです。

しかし、生まれ年は公表されていないため、年齢も計算することができませんね。

おおのさんは、2010年に京都精華大学のマンガ学部マンガ学科ストーリー漫画コースを卒業されています。

精華大学の案内には、卒業生としておおのさんのインタビューが載っていました。

それによると、2年時の時に作品を投稿して新人賞を受賞したことや、長い間アシスタントをしていて30歳を超えてから連載(極主夫道)を持つことができたと書かれています。

参考:精華大学 大学案内2021

現役であれば2010年に4年制大学を卒業するのは1987年生まれとなります。

初めての連載を持ったのが30歳をこえてからということですが、大野さんの初めての連載は2018年2月に開始された「極主夫道」ですので、もし1987年生まれだとしたら、連載開始時はちょうど30歳を超えたばかりとなりますね。

以上の情報をまとめると、おそらくおおのさんは1987年12月31日生まれ、2020年で33歳になるのではとおもいます。

以上はあくまで推測ですので、ちがっていてもご容赦くださいね。

 

漫画家としての経歴と過去作品

おおのこうすけさんは高校生の頃までは漫画と言ってもノートの端っこに少し描く程度だったそうです。

友達に見せると評判で「おもしろい!」と喜んでもらえたのがきっかけで漫画家を目指したそうです。

本格的に漫画に取り組み始めたのは京都精華大学に入学してからとのこと。

2年次の時に投稿した作品が新人賞を受賞したそうですが、何の賞なのかはわかりませんでした。

在学中から才能の芽がぐんぐんと伸びていっていたんですね。

その後プロの漫画家のアシスタントとして9年間すごしたそうです。

デビュー作は2016年に「月間コミック@バンチ」(新潮社)に掲載された「Legend of Music」でした。

読みきりの作品を数作発表した後、2018年に初の連載となる「極主夫道」が始まります。

連載開始からおもしろいと話題になり、毎年賞を獲得しています。

【極主夫道 受賞歴】

・第4回次にくるマンガ大賞Webマンガ部門 第3位(2018年)

・全国書店員が選んだおすすめコミック 第2位(2019年)

・アイズナー賞 最優秀ユーモア賞(2020年)

2020年10月現在、極主夫道の単行本は5巻まで発売され、玉木宏さんが主演となり日本テレビ系で実写ドラマ化もされています。

\日テレ系ドラマの見逃し配信はこちら/

Hulu

 

おおのこうすけ過去作品一覧

・2016年 Legend of Music

・2016年 PaPa's Cooking!~父と呼べた日~

・2017年 ZOMBIES

・2017年 NIGHT TOWN

・2017年 怪談囃子

・2017年 サンタさんがやってくる!

・2018年~極主夫道(連載中)

ご本人は「大器晩成型」とおっしゃっていますが、30歳で初の連載が大ヒット、ゴールデンタイムでドラマ化されるというのは、一般的に見て若くして成功していると感じますよね。

漫画家さんの世界では遅咲きの方なのでしょうか?

おおのさんは、SNSで読者から届く「仕事で疲れていたけど読んだら元気になった」「恋人とケンカしたけど一緒に読んで仲直りできた」という声が届くたび喜びを感じるそうです。

自分の描いた作品が誰かの日々の楽しみになるって、本当に素敵なことです。

何も考えずに笑って読める、落ち込んでいた事さえ忘れてしまうようなおおのさんの作品に沢山のファンがいるのは当然のことですね。

おわりに

おおのこうすけさんの初めての連載が「極主夫道」というところにいちばんびっくりしました。

初の連載が大ヒットとなった例として、尾田栄一郎さんの「ONE PIECE」や諌山創さんの「進撃の巨人」、和月伸宏さんの「るろうに剣心」、秋本治さんの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」などがあります。

どれも長期連載でドラマ化、映画化、アニメ化もされている名作ばかりですね。

おおのこうすけさんの作品も末永く多くの国民に愛される名作となりそうです!

テレビドラマ版「極主夫道」も楽しみですね。

\日テレ系ドラマの見逃し配信はこちら/

Hulu

こちらもおすすめ

極主夫道6巻発売日
『極主夫道』6巻の発売日が気になる!最新刊の購入特典も調査してみた

2020年に実写ドラマ化が決定し、ますます人気となったマンガ『極主夫道』 2020年7月現在5巻まで発売されています。 読み始めると止まらない!早く続きが読みたい! 最新刊の6巻はいつ発売になるのか知 ...

続きを見る

ドラマのエピソード
ドラマ「極主夫道」は何話まで?何巻のどのエピソードが放送されるのか気になる!

玉木宏さん主演の実写ドラマ「極主夫道」の放送開始日が決定しましたね! 原作は大人気コミックで、ファンの人にとっては待望の実写化となりました。 実写ドラマは何話まで放送されるのでしょう? 原作は一話完結 ...

続きを見る

-, 極主夫道

Copyright© ぷけっこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.