テレビ

【DAMASHI魂】元ゲームは「チャオチャオ」!遊び方やルールの違いを徹底比較!

DAMASHI魂の元ゲーム

Sponsored Link

2021年1月3日にスタートした「VS魂」

相葉雅紀さんがメインとなり、レギュラーメンバーやゲストと楽しいゲームを繰り広げる番組です。

VS魂の名物コーナーとなりそうな「DAMASHI魂」では、サイコロとコマをつかった心理戦すごろくゲーム「ダウト×スゴロク」で盛り上がりましたね!

DAMASHI魂の元となったゲームは「チャオチャオ」というボードゲームです。

お家でもDAMASHI魂を楽しめるように、チャオチャオのルールや遊び方をご紹介したいと思います。

また、DAMASHI魂とのルールの違いなどもまとめていきます。

【DAMASHI魂】元ゲーム「チャオチャオ」はどんなゲーム?

DAMASHI魂の「ダウト×スゴロク」の元となったゲームは「チャオチャオ」です。

 

ゲームのプレイヤー(コマ)は、植物がうっそうと生い茂るジャングルの中を進む探検家たち。

ジャングルの中には一本のつり橋があり、プレーヤーはそのつり橋を渡って向こう岸まで行かなければいけません。

しかし、つり橋の下には人食い植物が生い茂っています。

ゲームに負けてしまえば、つり橋の下に落とされてしまうという、サバイバルゲームです。

 

チャオチャオの作者はアレックス・ランドルフ

アメリカのボードゲームデザイナーで、数々の名作を世に残しています。

チャオチャオは、アレックス・ランドルフの三大サイコロゲームの一つといわれていて、世界中の人々から愛されています。

 

原作の発売はなんと今から20年以上も前の1997年

日本語版が発売されたのは2013年です。

 

人気の秘密は、小さな子から遊べるルールのシンプルさと、心理戦を用いて大人でも楽しめるというところにあります。

 

チャオチャオの遊び方

「チャオチャオ」の遊び方はとっても簡単。

サイコロを振ってコマを動かすだけで、スゴロクのように小さな子でも楽しむことができます。

 

【チャオチャオの遊び方】

プレイヤーそれぞれのコマの色(ピンク・ブルー・イエロー・グリーン)を決め、コマをスタートラインにセットする。

筒の中に入ったサイコロを振り、自分だけ出た目の数を確認する。

サイコロの目の数をみんなに宣言する。

※この時の出た目がなんであれ、嘘の数字を宣言することができます。

「×」が出たら、プレイヤーは必ず嘘の数字を宣言しなければなりません。

ほかのプレイヤーは、宣言した数字が嘘かどうかを見極めます。

宣言した数字があっていると思えばそのままスルー

嘘だと思ったら「ダウト!」といって、確かめることができます。

ダウトじゃなかった場合:ダウトをかけたプレイヤーのコマは、つり橋の下に落とされます。

サイコロを振ったプレイヤーは、宣言した数だけコマを進めます。

ダウトだった場合:サイコロを振ったプレイヤーのコマはつり橋の下に落とされます。

ダウトを見破ったプレイヤーのコマは、サイコロを振ったプレイヤーが宣言した数字だけコマを進めることができます。

コマを落とされたプレイヤーは、次のコマをスタートラインにセットし、ゲームを続けます。

ゴールしたコマは、ゴールにある1~8の点数がかかれた場所に、1から順番に置いていきます。

一番先に3つのコマをゴールさせたプレイヤーの勝ち

だれも3つのコマをゴールさせられなければ、ゴールに置かれているコマの合計点数が高い人の勝ち

補足:

※コマの数は一人7個ずつ。

※サイコロの目は1~4の数字と「×」がふたつ。

 

「チャオチャオ」のチャオはイタリア語で「こんにちは」「やあ!」「バイバイ」など挨拶の意味で使われる言葉です。

ゲーム中にコマをつり橋から突き落とすときに「チャオチャオ~~~!」といって突き落とすんですって。

陽気な掛け声だけど、けっこう残酷(?)なことをしますよね。。。

 

DAMASHI魂とチャオチャオのルールの違いは?

DAMASHI魂の「ダウト×スゴロク」とチャオチャオのルールはほぼ一緒ですが、細かなところに違いがあります。

DAMASHI魂 チャオチャオ
カップ コマ
サイコロの目は1~4の数字と「ドクロ」がふたつ サイコロの目は1~4の数字と「×」がふたつ
サイコロの目が「ドクロ」の時だけ嘘をつける サイコロの目が数字でも嘘をつける
カップを二つゴールさせたら勝ち コマを3つゴールさせたら勝ち
カップの数は5つ コマの数は7個
ゴールまでの移動は6マス ゴールまでの移動は9マス

 

細かな違いはあるものの、ほぼ一緒のルールですね。

遊び方が単純ですが、一番おもしろいのはうそをついているかどうかを見抜く心理戦!

二人から遊ぶことができますが、プレイしているとかなりシリアスになってくるので、恋人や夫婦、親友同士などお互いを分かっている人同士で遊ぶと白熱しておもしろそう。

パーティーゲームとしては人数が多い方がおもしろくなるのでお勧めはマックスの4人プレイです。

優勢にみえていたプレイヤーが一発逆転負けなど、単純だけど先が読めない展開もあり、かなり楽しめるゲームだと思います!

 

おわりに

ボードゲームの良い点は、実際に対戦相手を目の前にして勝負できるところですよね。

デジタル時代の昨今ですが、やっぱり仲の良い人たちとのボードゲームは盛り上がります。

DAMASHI魂をきっかけにチャオチャオのようなアナログゲームが流行って、みんなのコミュニケーションの場になればいいなぁと思います。

-テレビ

Copyright© ぷけっこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.