石原燃の『赤い砂を蹴る』のあらすじ|石原燃の経歴や本名や読み方は?太宰治の孫らしい!

2020-06-16

本

Sponsored Link

2020年6月16日に、第163回芥川賞・直木賞の候補作を発表しました。

とくに、芥川賞にノミネートされた石原燃さんの「赤い砂を蹴る」が注目されています。

今回は「赤い砂を蹴る」のあらすじや発売日など作品の紹介と、注目されている理由の一つでもある、作者の石原燃さんの正体に迫りたいと思います。

『赤い砂を蹴る』作者の石原燃の経歴

芥川賞ノミネート作品「赤い砂を蹴る」の作者は、石原燃さんです。

石原燃は本名?読み方は?

石原燃は作家名で、「いしはら・ねん」と読みます。

石原燃さんの本名は津島香以で、読み方は「つしま・かい」です。

作家名も本名も、ぱっとみただけで読み方を当てるのは難しい名前ですね。

石原燃は太宰治の孫

石原燃さんは、かの有名な作家太宰治の孫にあたります。

ちなみに、太宰治の本名は津島修治(つしま・しゅうじ)といいます。

石原さんの本名、津島香以と同じみょうじですね。

太宰治は、芥川賞選考委員の佐藤春夫に、長さ4メートルもの手紙を送ったという逸話もあるほど芥川賞がほしくてたまらなかったそうです。

それから80年以上の時を超えて、お孫さんの石原燃さんが芥川賞にノミネートされていることは知っているのでしょうか。

もしかしたら、天国で石原さんの受賞を祈っているかもしれませんね。

石原燃の母は作家の津島祐子

石原燃さんのお母さんは、作家の津島祐子さんです。

太宰治の次女として生まれながらも、生後すぐに父親を亡くしています。

作家デビューは1969年で、72年には「狐を孕む」で芥川賞の候補にもノミネートされています

受賞にはなりませんでしたが、今回娘である石原燃さんも芥川賞にノミネートされたことで、三度目の正直!ではないですけど、祖父と母の敵討ちを期待されていることは確かですね。

津島祐子さんの代表作といえば1998年の「火の山-山猿記」で、2006年にNHK朝ドラの「純情きらり」の原案となりました。

島津祐子さんは、2016年に肺がんで亡くなっています。

「赤い砂を蹴る」の主人公、千夏も母恭子を肺がんで亡くしており、もしかしたら石原さんは、作品の中の登場人物と自分の家族を重ねているのかもしれませんね。

石原燃の経歴

石原燃さんは、1972年5月生まれ。

東京出身で、現在は大阪府に在住しています。

小中学校では演劇クラブに入っていたというほど、幼い頃からお芝居がすきだったそう。

大学を卒業後は企業に勤めていましたが、30歳を過ぎた時に戯曲を読もうと思い立ち、本屋に行ったのが劇作にはまったきっかけといいます。

劇作家になるために会社を辞め、現場での経験を積んでいきます。

長年勤めた会社、しかも大企業だったそうですから、安定した生活を捨ててまでも劇作の世界にのめり込んでいたのですね。

年齢の事を考えても、なかなか新しいことに挑戦できないというひとが多い中、夢に向かって舵取りをした石原さんに、勇気をもらう女性は沢山いそうです。

2009年から劇作家としての活動を開始。

2011年の大震災をきっかけに、作風をかえ、大阪に移住しています。

翌年2012年に演劇ユニット「燈座」を立ち上げます。

数々の作品で受賞経験があり、今回ノミネートされた芥川賞も期待がかかりますね。

石原燃 代表受賞作品

2010年「フォルモサ!」劇団大阪の戯曲賞大賞受賞

2012年「人の香り」第18回劇作家協会新人戯曲賞最終候補

2011年「はっさく」全米上映

2013年「父を葬る」だい24回テアトロ新人戯曲賞佳作

2015年「夢を見る」第23回OMS戯曲賞最終候補

created by Rinker
文藝春秋

 

『赤い砂を蹴る』のあらすじ

「赤い砂を蹴る」は、月間文芸雑誌の「文學界」2020年6月号に掲載された、石原燃さんの小説デビュー作です。

『赤い砂を蹴る』 あらすじ

赤い砂を蹴るは、主人公の千夏がブラジルのサンパウロにあるミランドポリス行きのバスに揺られているシーンから始まります。

ブラジルという異国の地の旅に同行しているのは、千夏の母の友達、芽衣子です。

なぜ二人はブラジルを訪れたのか?

さかのぼること2年前、母子家庭で育った千夏は、苦楽を共に過ごした母恭子を肺がんで亡くします。

恭子は、画家でした。

ある日アトリエで転び、骨折してしまった恭子の手伝いにと紹介されてやってきた芽衣子といつしか仲良くなり、芽衣子の故郷であるブラジルに二人で行くのが夢だったのです。

夢かなわずしてこの世を去ってしまった恭子の代わりに、芽衣子に連れられてブラジルを訪れた千夏。

2人がブラジルを訪れた目的はそれぞれ違いますが、お互いに影響し合い、旅をきっかけに親子や夫婦という「家族」のあり方に向き合う様子をえがく物語。

読む人を引き付けるような文頭の導入に、ブラジルという異国の地で、家族とは何かを考えさせられるできごと、身近なひとの死に対する個人の想いの違いなどが200ページの小説の中につめこまれています。

読み終わった後には、自分自身の周りの大切な人についても考えさせられるような作品です。

「赤い砂を蹴る」は、文學界2020年6月号にも掲載されています。

『赤い砂を蹴る』の発売日

単行本として発売されるのは2020年7月13日です。

各書店やAmazonや楽天ブックなど通販でも販売しています。

created by Rinker
文藝春秋

おわりに

第163回芥川賞・直木賞の発表は2020年7月15日です。

「赤い砂を蹴る」が受賞するのか、注目したいと思います。

本
遠野遥『破局』あらすじ|芥川賞受賞作家の経歴や学歴まとめ!感想や口コミも調査

第163回芥川賞受賞作品『破局』が話題です。 平成生まれ初の芥川賞受賞作家となった作者の遠野遥さんにも注目が集まっています。 今回は、芥川賞作者の遠野遥さんの経歴と、受賞作の『破局』のあらすじとをまと ...

続きを見る

-

Copyright© ぷけっこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.