話題

ガンダリウム合金モデル|再販はあるか調査!予約販売開始後即売り切れ!

ガンダリウム合金モデル

Sponsored Link

「ガンプラ」40周年を記念して開発された究極のガンプラ「ガンダリウム合金モデル 1/144 RX-78-2ガンダム」

7月21日に予約販売が開始されましたが、速攻で完売してしまうという人気ぶりです。

ファンにとっては喉から手が出るほど欲しい商品なので、即完売と聞いても驚きはありませんね。

初回で買い損ねた人も、再販があればぜひゲットしたい!

今回はガンダリウム合金モデルの再販について調べました。

ガンダリウム合金モデルの再販情報

話題のガンダリウム合金モデルは公式ECサイト「プレミアムバンダイ」で予約販売されていました。

販売開始の13時からわずか1分で売り切れてしまうという大人気ぶりでした。

価格も22万円と決して安いものではありませんが、買うと決めた人たちが13時になる前からガチで構えていたのでしょう。

今回これだけの人気だったため、再販を期待したい所ですね。

公式サイトの商品ページに気になる表示を見つけました。

こちらの画像の上の方に書かれてある一文にご注目。

「ガンダリウム合金モデル 1/144 RX-78-2ガンダム【1次:2020年12月発送】」

 

「1次」と書かれていますね。

1次があれば、2次もあるということでしょうか!?

商品ページを確認してみると「この商品は、他の企画などや海外で販売をさせていただく場合がございます」という備考もかかれていました。

これは可能性がありそうだと期待に胸を膨らませ、プレミアムバンダイさんに問合せしてみました。

答えはこちら。

ガンダリウム合金モデルでございますが、現時点では、次回受付・再生産販売についてはご案内切る情報はありません。

残念ながら、以上の回答をいただきました。

再販を期待する気持ちでよんでみると、「現時点では」という一言も気になります。

もしかしたら再販の可能性もないとは言えませんよね⁉

プレミアムバンダイさんには、メールで問い合わせ後すぐに返信をいただきまして、迅速に回答いただき本当にありがとうございました。

もし再販があるという情報を手に入れたら、このページに追記していきたいと思います。

商品詳細

「ガンダリウム合金」とは、アニメ「機動戦士ガンダム」に出てくるガンダムの装甲素材に使われているチタン系の合金です。

アニメの中では月面で精製されていますね。

商品化するにあたり、アニメの設定に近づけるため、チタン、アルミニウム、イットリアの三種類の金属をまぜ、最新の金属成形技術で精製しています。

金属ならではの質感や重みを肌で感じることで、ガンダムの世界観を存分に楽しめます。

頭、ひじ、肩などの関節は可動式になっており、付属のディスプレイベースに、お気に入りのポーズで飾ることができます。

正規品の証明として、バンダイホビーセンターで管理製造されたあかしであるギャランティーカードもついてきます。

サイズは約12.5cmで、実物大のガンダムの114分の1スケールです。

価格は税込みで220,000円です。

SNSの反応

やはり、22万円という値段に驚いたひとが多数ですね。

ガンダリウム合金モデルは合金でできているから「ガンプラ」と呼んでもいいのかという意見もありましたが、内部はプラスチックを使っているので結局ガンプラに入るということで話が収まっているようです。

これまでに発売された限定品のガンプラもかなりのプレミアがついているので、ガンダリウム合金モデルも将来どのくらいまで値段が跳ね上がるか見どころですね。

買えた人の声も!

わずか1分という瞬時の戦いを勝ち抜いた人の報告もありますね!

発送予定の12月がとっても楽しみでしょうね!

おわりに

残念ながら現段階では再販の情報はないという「ガンダリウム合金モデル」ですが、これからも情報を追い続けて、追記していきたいと思います。

-話題

Copyright© ぷけっこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.