話題

GACKT無期限活動休止後の復帰時期はいつごろ?発声障害治療期間から回復後の歌手活動は可能かを考察!

GACKT活動休止後の復帰はいつ

Sponsored Link

歌手のGACKTさんが、発音障害のため無期限の活動休止を発表しました。

 

元気がとりえと言っていいほど、ストイックなトレーニングや食生活が有名だったガクトさんだけに、現在の状況が心配されますね。

 

体調を壊し始めたのは8月6日あたりからだったそうで、休止の発表まで約1か月間表に出ることはなかったそう。

 

主な活動休止理由として、重度の発声障害が報じられています。

 

発声障害といっても、どんな症状でどのくらいの期間を治療に要するのでしょうね。

 

ゆっくり休んでほしいという気持ちもありますが、その裏でいつになったら元気な顔が見られるかも気になります。

 

この記事では、GACKTさんの無期限活動休止が開け、復帰する時期はいつ頃になるのかを考察していきたいと思います。

 

GACKTが無期限活動休止を発表!重度の発声障害で復帰の時期が懸念される!

 

歌手で俳優のGACKTさんが、体調不良を理由に無期限活動休止を発表しました。

 

いつも元気いっぱいで、ちょっとやそっとではへこたれないイメージのガクトさんなので、活動休止にビックリした人も多いのでは?

 

テレビなんかでストイックなトレーニングや食生活を披露していましたから、病気とは無縁な人だと思っていました。

 

 

実はGACKTさん、8月14日から体調不良のため、自身の持つニコ生配信番組「GACKTと一緒に家吞み!!」を三週間連続でお休みしていたそう。

 

普段あまり休んだりすることはないし、具合が悪くてもここまで長引くのは珍しいと、ファンの間では心配の声が相次いでいたんだとか。

 

しかも体調不良の原因も公表されていなかったそうで、いきなりの活動休止でさらに心配が加速しそうです。

 

 

公式の発表によると、8月6日から体調不良を訴え、その後容態が急変。

 

幼少期から患っている神経系疾患がきっかけで一時は重篤な状態になったんだとか。

 

体重も10キロも減り、かなり深刻な状況だったことが分かりますね。

 

無期限活動休止を発表したときには、すでに容体は安定しているとあり、ちょっと安心。

 

しかし、発声障害が出てしまい活動を休止せざるを得くなったとのことでした。

 

 

GACKTは歌手であり、テレビ出演やご自身のビジネスなども手掛けているので、喋ることができなければ仕事にはならないですよね。

 

発表では無期限と言われていますが実際はどのくらいの期間で復帰できるのか、心配になります。

 

GACKT無期限活動休止後の復帰時期はいつごろ?発音障害の治療期間を参考に予想してみた!

 

GACKTさんが活動休止となったいま、復帰までに要する期間はどのくらいなのでしょう?

 

公式に発表された文面を読んでみる感じでは、休止理由の主なものは「発音障害」のよう。

 

体調が悪化した状態が数週間続き体重は10キロほど落ちたが、現在の容体は安定。ただ重度の発声障害が併発したため、声を出す仕事ができず無期限の活動休止となったという。関係者は「歌はもちろん、打ち合わせの会話もできない状態です。回復時期の見通しも立っていません」と明かした。

引用:Yahooニュース

 

現在の容態は安定していますが、問題なのは

  • 声を出す仕事ができない
  • 歌も歌えない
  • 打ち合わせの会話もできない

というところにありますね。

 

確かに、歌が歌えなければライブも、新曲も発表できませんよね。

 

 

ところで、発声障害って名前を聞くと「声が出なくなる状態」ということは分かりますが、具体的にどういった症状なのでしょう。

 

発声障害についてしらべてみたところ、このような状態だそうで。

 

発声障害とは

発声障害とは、声を生みだす声帯の異常によって、声が出しづらくなったり声の質が悪くなる状態を言います。声帯を動かす神経(反回神経:はんかいしんけい)が麻痺すると声がかれます。

引用:日本耳鼻咽喉科学会

 

 

発声障害の原因として考えられるのは以下のものだそうです。

 

  • 喉頭がん、下咽頭がん、甲状腺がん、肺がん、食道がんなど
  • ウィルス感染など
  • 心因性のモノ 

 

GACKTさんの場合は、幼少からの神経系疾患がきっかけとあるので、おそらく心因性の可能性が高いかな。

 

心因性の発声障害には大きく分けて3つ種類があるそう。

 

一つ目は、痙攣性発声障害といって、声を出すときに発声筋に異常緊張が起こり、声門がけいれんして声が途切れてしまうものだそう。

 

成人では日常的に声を使用する職業の人に多いそうで、治療は困難とされているそうです。

治療には心理療法よりも発声練習や、声帯の筋肉にボツリヌス注入などが効果的だそう。

 

二つ目は心因性失声(ヒステリー性失声)症と呼ばれるもの。

20~40代の女性に多く、ささやく程度の声しか出せないのが特徴だそうです。

この場合は精神分析や暗示治療などが有効だそうです。

 

三つめは心因性仮性声帯発声といい、発生時に仮声帯が強く内転してしまい、しゃがれ声になってしまうもの。

心理療法や発声訓練が治療として行われるそうです。

 

 

GACKTさんの発声障害がどの種類のものかは詳しく発表されていないので、どのくらいの治療期間がかかるかも明言しにくいところですね。

 

参考までに、痙攣性発声障害の治療として使われるボツリヌス注入を受けた場合、ほとんどの人が数日後に改善がみられるとのこと。

 

ボツリヌス注入して、筋肉の緊張を和らげるのでしょうね。

 

しかし、3~4か月後には再注入することもあるそうで、完治するまでには人によってかなり長い時間がかかるらしい。

 

体の症状だけでないということは、やはり原因となる心の中まできちんとケアする必要があるということですね。

 

もしGACKTさんの発声障害がボツリヌス注入で治ったとしても、以前と同じような活動状態になるまでは数か月はかかるのかもしれないですね。

 

GACKT復帰後の活動はどうなる?回復の状態から芸能・歌手活動は可能かを考察!

 

活動復帰を果たしたあとでも、心配となるのが

 

「以前と同じように歌や演技などができるのだろうか?」

 

という所ではないかなと。

 

発声障害を患っているとなると、どこまで治療できるのか、完治するのかも問題ですよね。

 

これまでに発声障害を患った歌手や芸能人はどのくらいの期間で復帰し、その後どうなったのかが参考になるかも。

 

過去に発声障害だった芸能人たちをあげてみました。

 

【渡瀬マキ】

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡瀬マキ(@maki__watase)がシェアした投稿

バンドLINDBERGのボーカル。2018年に機能性発声障害を発表。

大きな休養はせず現在も歌手活動中。

 

 

【鬼龍院翔】

 

この投稿をInstagramで見る

 

鬼龍院翔(@kiryu_in)がシェアした投稿

ゴールデンボンバーのボーカル。2012年に痙攣性発声障害を発症。

原因は上咽頭炎。同年のソロ公演を延期するも、通常の声に戻り復帰した。

 

 

【山村龍太】

 

この投稿をInstagramで見る

 

flumpoolmonohon(@flumpoolofficial)がシェアした投稿

バンドflumpoolのボーカル。2017年に歌唱時機能性発声障害と診断される。

無期限の活動休止となるが、約1年のお休みの後に復帰。

復帰後すぐの声は完全ではなかったものの、時間がたつにつれ元通りになった。

 

 

このほかにも、コブクロの小渕健太郎さん、aikoさんなどが発声障害と診断されたことがあるそうです。

 

そうそうたる面々ですが、皆さん本業の歌手ができなくなることに強い不安を覚えたでしょうね。

 

明るいニュースは、発声障害のあと皆さんちゃんと元通り歌えるようになり、復帰できているという点ですね!

 

GACKTさんの発声障害がどの種類かは分かりませんが、復帰後も変わらぬ歌声が聴けそう。

 

今は治療に専念して、早く元気な歌声をみんなに届けてほしいですね。

 

GACKT無期限活動休止後の復帰時期よりも気になる話題!

GACKTさんの活動休止に関する記事をまとめたので、是非読んでみてくださいね。

-話題

Copyright© ぷけっこブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.